shun’s diary

大学生の日記。ネパールでサッカークラブ創立したりゲストハウス、バーやったり最高の毎日を過ごす前向きブログ!

爆走日記

 

 

馬鹿なことができること

こんなにボールを触れること

やりたくてもできない子たくさんいる。

 

f:id:shun8339:20170608154150j:image

 

めっちゃ馬鹿げたことでもやりたいって思うとできる環境に生まれたんやから何でもやらないと!

 

f:id:shun8339:20170608154006j:image

 

淡路島ドリブル旅

強風・波浪警報の大雨の中やってきましたぁ!

 

天気のこと体調のことを考え予定を大幅変更し淡路島縦断へ!

 

f:id:shun8339:20170608154533j:imagef:id:shun8339:20170608154517j:image

スーパー苦しかったぁ。

足はずっとつってる状態で雨と強風に体力はどんどん奪われ。

  

f:id:shun8339:20170608155016j:image

ショートカットしようと思って地獄の道をいったり。

雨で人も出歩かんから出会いはなかったけど、きっとこれもやりきったら何かに繋がるって信じて足進めた。

 

f:id:shun8339:20170608155210j:image

帰りのバスはすげぇ思うことあった。

一生懸命必死にドリブルした距離をわずが1時間ほどで走ってしまうのだから。

半端ないよね。わら

 

f:id:shun8339:20170608155412j:image

 

頑張れ頑張れって自分を言い聞かせて。

なにするにしても本気で応援してくれる人絶対いるから。俺もこの活動通してまたこれで誰かがこいつあほやなぁってどっかで笑ってくれてたらって思うとなんか自分が笑えて。
何するにしてもコツコツ少しずつ一歩一歩足が大切で。
自分のペースで自分の足で毎日歩いていかなあかんくて。

 

ほんま小さなこと。今回もほんま小さなことやけどゴールした時はすげぇ嬉しくてまたなんか自分の自信になって。

やっぱ何でもやることが大切やなって。

一周するの諦めて今回は失敗というべきかもわからへんけどやってよかった。

そう思えることが一番大切なのかな。

 

f:id:shun8339:20170608155842j:image

ってなポジティブな感じで!

毎日ハッピーに過ごすぞぉ〜!

 

 

淡路島ドリブル旅 おわり

20代だれよりも少年!

 

2017/05/23

竹中俊21歳になりました!

 

 

たくさんのメッセージや出会い・言葉ありがとう。

誕生日って自分にとっても家族にとっても仲間にとっても大切な日なんだ。

 

f:id:shun8339:20170528131725j:image

 

本田さんがトークしにきてくれて。

何回も何回もやっぱすげぇなぁって。

 

f:id:shun8339:20170528131813j:image

 

話し方。みんなへの振り方。遅れてきた人にもしっかり伝えて。

おもしろくて不意にすごく良い言葉言ったり何回も何回も心をぎゅっとつかまれる。

死ぬまでにか。

 

f:id:shun8339:20170528132319j:image

 

本当に大好きものって言葉にできん。

伝えたいことなんてありすぎる。全部全部自分のことみんなのこと知ってほしいから。

 とりあえず大好きってこと。

 

f:id:shun8339:20170528132517j:image

 

何も考えず何も背負わず大好きな人と過ごす時間。また大好きが増えた。

なんか来てよかったなって思ってもらえたら嬉しいかな。なんか出会えてよかったって思ってもらえたら嬉しいかな。

遊びまくろこれからも。

 

f:id:shun8339:20170528132702j:image

 

何も言わんでも勝手に、それぞれの想い。体いっぱい言葉いっぱいで精一杯表現して。

みんなすげぇキラキラしてた。

 

走り続けるか。

みんなと共に必死に必死に。

なんかわからんもん追っかけて生きてみるか。

しんどくてつらいこともたくさんある。そんな時はみんながいる。

 

俺には何も能力がないから何も手を貸せないから誰よりも皆を思う。

21歳も何も変わらない。大好きを生きる。

今日という日をこの時間を誰よりもハッピーに馬鹿になって少年であれ!

大好きだよありがとう

 

 

家への帰り道このブログを書いてます。

前回の記事で家族について綴ってみました。

 

そして前回出さなかった家族がいます。チャンプとラビィ、ゆずなど今までもたくさんの家族と共に生活をしてきた。

 

チャンプとラビィ。

f:id:shun8339:20170518140258j:image

チャンプとはもうかれこれ17年の付き合いかな。チャンプがいなかった頃の記憶はあまりない。兄と4つ離れてるようにチャンプともその差。喧嘩よくしたね。よく泣かされた。

プライドが高いのにすごく甘えん坊でいつも落ち着いていて凄く優秀で。

昔は家族内で俺にだけ厳しかったよね。チャンプにやられた手の傷は一生残る良い思い出。一緒にフリスビーの大会出まくって毎日練習して負けたら泣いて。チャンプのせいにして。毎週キャンプにいってたね!海も泳ぎに行ったソリで遊んだりディズニーのときはお留守番!なんか思い返すとたくさん出てくる。

 

ラビィとずっと一緒。いつもいつも気にかけていた。お世話係りみたいな。

 

チャンプとラビィの子供を見たときは小学生ながら凄く感動した。

 

f:id:shun8339:20170518141042j:image

 

高校生になって家に居ない時間が増えた。

大学生になって家を出た。

大人になるのって怖い。家族との時間がどんどん減っていた。今日気が付いたよ。

 

友達とかもよくチャンラビと遊んでくれたね。家に遊びにきてくれたら一緒に散歩に行ったりちょっとした有名人かも!

 

まだ実感できないんだ。

今日、家に帰るとチャンプがもう目をあけないこと。

明日、家に帰るともう君がいないこと。

 

人ってこんな涙が出るんだね。

生きるってことの最後には絶対別れがあるんだね。

知ってると思ってた分かってなかったよ俺は。

 

だから時間は大切にっていうんだよね。毎日後悔しないようにって。

そう思って毎日生きてたのにたくさんの後悔があるよ。

なんでだろうね。

 

もうちょっとだけ一緒に生きてって。元気だったのに。小さなこと散歩行かなかったりお水あげなかったりもっとなでてあげたかったって。そんな後悔がたくさんあるんだ。

 

俺は何をしてあげられたんだろうって。考えても考えても何も出てこないんだ。母さんやラビィ、チャンプいなくて大丈夫なわけないじゃん。

 

今何を思い何を言葉にすることがチャンプのためなのかちょっとわからない。

家に帰るのがこわい。

出会って共に生きることの最後がこれからも別れなら生きることがこわい。

たくさんの感情が入り混じってたくさんの思い出が頭によぎって。

 

ありがとうね。きっとまた俺強くなれるよね。賢くかっこよくなれるよね。俺はまだまだそっちにいくつもりないけどまたどこかで。

 

ありがとう。

家族っていいね!

 

 

05/14 母の日ですね!

おじいちゃんおばあちゃんにも久しぶりに会いに来た。今年急に体調を崩し入院をしたおじいちゃん。まぁ今は元気いっぱい何よりってかんじ。

 

家族について考えた。

仲の良い家族。

物心ついたときから毎年01/03はディズニーランド。夏はキャンピングカーで日本をまわったり。毎週日曜日は父は仕事が休みでキャンプに行ったり家族みんなでご飯を食べて。家族みんなのことを下の名前で呼ぶ感じすごく距離が近い家族。

 

サッカーが忙しくなり父は毎日働くようになった。俺が少し大きくなったから仕事を始めて毎週のサッカーの試合には一眼レフカメラを持って写真を撮りにくる母。兄は特に知らない。会話が少なかったわけではない一緒にゲームするしテレビも一緒に見るし。生まれてからずっと喧嘩した記憶はない。

 

俺が生まれた時からある居酒屋『バグース』

父のお店だ。

俺にとって自慢の父であり目標である。

今の俺には考えれもしない努力とか家族への愛とか。想像をはるかに上回りもう見えないところにいる。

今もお盆も正月も働く。毎日朝まで営業し休みなんてないんだろう。

 

母は週5介護施設に通う。休みのたびカメラを持ってどこかへ行っている。夏も屋久島にいっていた。最近はアウトドアグッズにはまりまくっている。兄とは仲が良く2人で出かけてることも多い。

 

4つ上の兄は気が付いたらバンドマン。音楽を本気でできる環境を作るために時間の取れる職業についた。働いたお金のほとんどは音楽のために使われる。何十万のギターを買ってアホちょうってよく言ってやる。音楽のことはあまりわからないがコツコツ努力しているのは知っている。少し前にはCDデビューしたとか。

 

そしてみんな知ってると思うけど弟の俺。家にもほとんど帰らない問題児。

 

たまたま実家に帰って母とカメラの話をしてたときチラッと言った一言。個展とか開きたいなぁ。こだわりが強い母はこんな写真じゃまだまだって感じ。

 

一緒にやりたいんだ。

 

沸々と湧き上がるワクワク。

 

俺が運営するイベント。

母の個展があり。兄がライブをする。父がバーテンに立つ。

 

誰も考えたことないだろう。提案しても無理って言われるだろうなぁ。でもちょっとやりたいんだよね。卒業までになんか。

小さな目標ができた。

 

パパになるのが俺の夢。よくそう言う。子供が欲しいとかじゃなくておやじが世界一かっこいいからおやじになりたい。ママみたいな奥さんが欲しいな。

明日は母の日。いつもありがとう。これからも迷惑かけまくります。よろしくお願いします。

 

そんな感じの家族。そんな感じの次男

 

f:id:shun8339:20170513213108j:image

アーティストになります。

 

 

 

考えて考えても計画通りいかないよね!

じゃあ直感信じてみよう!

 

f:id:shun8339:20170506225946j:image

 

GWは瀬戸内海の島巡り

 

アートに触れて全然わからん世界があって。でもなんかすげぇかっこよくて。

 

俺もなんか夢中で描きてーって。

 f:id:shun8339:20170506224801j:image

必死に生きても描きたい自分像はどんどんでかくなって遠くなって。ひとつのことに夢中になるとこれって本当に俺の描きたかったもの?って現実と自分の気持ちにギャップができて。あぁー!って。

 

f:id:shun8339:20170506224018j:image

これが俺の生きたかった人生だって胸張って言いたいんだ。

 

 f:id:shun8339:20170506225233j:image

ここに出会った理由。

ここで出会った理由。

最初は敬語ではじめましてってぎこちなくて。気が付いたら笑っていてどんどん見つかる共通点。言葉の数も過ごす時間も知らない間に増えて。その時々の感情でイラッとしたり。人と人ってすごく単純だよね。

よく聞くこと。信頼を得るのは時間がかかる。信頼を失くすのは一瞬。

度合いにもよるけどね。小さなことは笑って流したい。よ〜く考えて。その人と過ごした時間。その人の笑った顔。感謝することたくさんあるんだ。

たった一度の人生。たった何時間しか共有してないんだよ。一度混じり合った糸、簡単に切れないから。ほつれてほつれてほつれたらいい。切ったらいけないよ。

 

f:id:shun8339:20170506225811j:image

一人で食べるご飯より二人で食べるご飯の方がなんかあったかい。二人から三人、四人って。なんかいいよね。

 

 f:id:shun8339:20170506223811j:image

もっともっともっと人生をカラフルにしたいんだ。

竹中俊というアートをもっともっと。